作業者

物件を借りるなら原状回復の対象になるケースを知っておこう

経年劣化による損耗

空き部屋

自然現象による劣化

賃貸物件を退去する時は、部屋の状態を借りた時の状態に戻さないといけません。現状回復と言われる入居者が行わなければならない法律で定められた事項です。しかし、元の状態の定義があいまいであるためによくトラブルとしてあります。国土交通省もガイドラインをホームページに掲載していますが、賃借人の故意、過失、注意義務違反、通常の使用を超える使用による毀損とありますように賃借人が使用したときと記載があります。ですので、自然による劣化、通常の使用による毀損は現状回復工事の対象とはなりません。自然による劣化とは、畳、壁紙、フローリングが日焼けで色が落ちていくようなことです。賃借人が住んでも発生しますが、住まなくても発生します。また、家具、家電製品を置いた床に跡がついたりした状態についても現状回復の対象とはなりません。これは、通常の使用による毀損に該当するからです。賃借人が家具、家電製品を部屋に置くことは通常の使用に該当します。また、自然現象による劣化は部屋の中の窓ガラスの結露も該当します。その結露による床材の損耗も自然現象によるものですので現状回復の対象となりません。しかし、雨の日に窓を開けて雨が降りこみ、床、壁などが毀損したのは現状回復の対象となります。これは雨が降ることは自然現象ですが、窓を開けておいたのは賃借人の注意義務が欠落していたために部屋が毀損する事案に該当するからです。部屋の毀損では何が原因で毀損したのかを分類しなくてはいけません。

現状回復の範囲

リフォーム工事

賃貸物件を退去するときには部屋を現状復帰させて出て行く事になりますが、経年劣化による傷みや消耗は修繕する義務はないです。手入れや清掃が行き届いていない事によって傷んだ部分に関しては、現状復帰させる必要があるため日頃から部屋は綺麗に使いましょう。

原状回復の義務を果たす

空室

原状回復工事は、借主にとって行わなければならない義務です。しかし、借主が出来るだけ費用を抑えたいと思っても、契約で指定業者を選ばなければならない事があります。大抵の場合、業者の変更は出来ませんが、貸主との関係が良好になれば変更出来る可能性があります。

アパート暮らしの知識

作業員

アパートなどの貸家を退去するときに、現状復帰が必要となります。簡単にいえば、部屋の状態を入居当時に戻すことです。自分で汚したもの、壊したものは現状復帰の対象でありますが、自然に劣化したものは管理側の責任となります。次の人が快く入居できるように、日ごろから部屋をきれいに使うことが大切です。