作業員

物件を借りるなら原状回復の対象になるケースを知っておこう

現状回復の範囲

リフォーム工事

経年劣化との違い

マンションやアパートなどの賃貸住宅を退去するときには、部屋を現状復帰してから明け渡す必要があります。ですが長い期間に渡って部屋を借りていると、建具や建材は経年劣化してくるため、そういった物に関しては現状復帰させる義務はありません。借主が現状復帰させる義務がある物としては、手入れを怠った事による床や壁の汚れや破損になります。またペットを飼育している場合には、ペットがつけた傷や臭いも現状復帰させる義務があります。水回りの設備はカビや水垢が発生しやすいですが、そういった汚れも全て借主が手入れをする義務があるため注意しましょう。賃貸物件を退去するときに経年劣化による傷みや消耗は、賃料として既に修繕費用を支払っているため、現状復帰させる費用を支払う必要はありません。経年劣化による傷みとしては、家具や家電を設置した事によるへこみや汚れ、日焼けなどの変色になります。借主がエアコンを取り付けたときの壁の取り付け跡は、経年劣化による傷みになるため、現状を回復させずに退去する事ができます。またフローリングの色落ちやガラスの亀裂も経年劣化による傷みなので、現状復帰させる義務はなく、貸主の負担になります。畳が傷んでいると次の入居者を見つけるために、新しい畳に交換する貸主が多いですが、畳は破損していなければ経年劣化による消耗品になります。そのため経年劣化により畳が傷んでいても、現状復帰させる必要はないため、借主は現状復帰として畳の交換を要求されたら断りましょう。