作業員

物件を借りるなら原状回復の対象になるケースを知っておこう

原状回復の義務を果たす

空室

業者は自分で選びたい

店舗や事務所などでテナントを借りる場合、明け渡す際にやらなければならない事として原状回復工事があります。貸主は、次に貸し出す時の為に出来るだけテナントを綺麗にしたい思いがあり、借主は借りている期間に消耗した箇所を直し、借りた時の状態に戻さなければなりません。この原状回復工事は、借主が行わなければならない義務として契約書に書かれています。借主にとっては、この工事にかかる費用を出来るだけ少なくしたいと思うでしょう。しかし、契約内容によっては、貸主が指定した業者に依頼しなければならない事があるのです。理由としては、そのテナントで、どんな仕事をどんな人はやっているかが分からない状況で、原状回復工事をしっかりやってくれる保障がないという考えです。設備が一部残った状態で退去したり、工事不十分で終わらせたりすれば、後で貸主の負担で追加工事を依頼しなければならず、その後の賃貸契約に影響が出る可能性があります。では、原状回復工事の業者が指定されていた場合、借主が業者を変更する事は出来るのでしょうか。大抵は契約書に書かれている内容が適用されるので、無理な事が多いです。変更出来るとすれば、借りている期間に、どれだけ貸主との信頼関係を築けるかにかかっているでしょう。しかし、貸主がそのテナントに顔を出さず、お互いに顔を合わせた事がない、というのはよくある話です。新たに賃貸契約を結ぶ時に、契約内容をよく確認する事が大切になります。