作業員

物件を借りるなら原状回復の対象になるケースを知っておこう

アパート暮らしの知識

作業員

退去時に重要な言葉

アパートを退去するときには必ず行うものがあります。それは現状復帰といわれるものです。これは、部屋の状態を入居時の状態に戻すということです。入居者で購入した備品類や不要なものは入居者で処理をし、もしも部屋を汚した部分があれば、入居者自らが汚れを落とし、壊したものは修理費用を負担する義務があります。これは、民法でも定められていることです。借りたものを返す時は元の状態で返すのは当然のことですから、新しい入居者へ引き渡すことができるように現状復帰をしましょう。現状復帰といっても、普段通りの掃除で構いません。普段通りの掃除になる場合、経年劣化したところはどうするのかという話になりますが、経年劣化は入居者ではなく管理側の問題となります。要は、入居者が汚したもの、壊したものは現状復帰の対象、経年劣化によって自然に見栄えが悪くなったものについては、管理側が修理することになります。そのため、壁紙が色あせたり、木の床にささくれがでてきたりしても、経年劣化であれば入居者側の負担はありません。入居者がやることは、自分たちで汚したものは自分たちできれいにするという、至極当たり前のことをすればよいのです。しかしながら、退去時にかなり部屋を汚してしまったりしてしまえば、現状復帰も大変な作業になってしまいます。そうならないためには、日ごろから部屋を汚さないように配慮して生活をし、定期的に掃除をするなど、「部屋を綺麗にする」以前に、「部屋をきれいに使う」ことが重要です。万が一、管理側で原状復帰が難しいと判断される場合は、専門業者に依頼するとよいでしょう。専門業者では、様々な要望に応えながら迅速に対応してくれるため、早い段階で綺麗な状態の部屋に戻すことができます。業者へ依頼する場合は、事前に見積もりを出してもらい複数の業者を比較して決めるとよいです。